【ロッテ期間限定】「紗々」蘇芳いちご味のレビュー・感想

 

 

ロッテのチョコレート「紗々」の期間限定「蘇芳いちご味」がおいしかったので感想をお伝えします!

 

 

紗々について

 

みなさん「紗々」というお菓子を一度は食べたことがおありでしょうか?

パリパリした独特な食感がクセになるんです。

こういた線状のチョコレートって「紗々」以外見たことないのですが、もしかして特許とか取得してるんでしょうかね?

もしそうだとしたらロッテの一人勝ちじゃないですか。

 

一生製造続く事を祈ります。そして孫ができたらあげるんです。

なぜなら、彼もまた、特別な存在だからです。

 

 

 

 

 

蘇芳とは

 

今回の蘇芳いちご味。

そもそも蘇芳ってなんなのかよくわかりませんし、漢字すら読めませんでした。

でもそこはかとなく高級感あふれる「蘇芳」という漢字・・・。

あれよあれよと言う間にレジ通してましたわ。

さすがお口の恋人ロッテ。

 

まずは「蘇芳」とはいったいなんなのか調べてみました。

蘇芳(すおう)とは、染料になる植物の名前。黒みを帯びた赤を蘇芳色と言う。

 

ふむふむ。へぇ、色の事だったんですね。

てっきり蘇芳いちごという品種のいちごだと思ってました。笑笑

f:id:mayuchii:20181217125948j:plain

あ、なんだ、裏面に書いてありますね。爆

 

 

 

 

 見た目

 

では開けてみましょう!

 

f:id:mayuchii:20181217130306j:plain

 

16枚入っています。わくわく。

意外としっかり量があるのがポイント高め。

チョコレートの箱を開ける個包装でかさ増しされていてがっかりする事も多いはず。笑

そう、こう思っているのは私だけじゃないはず。笑

 

f:id:mayuchii:20181217130231j:plain

色からして素晴らしい。これが高級感ある蘇芳色です。

美味しそう。この重なっている線はもはや芸術。

 

最初考えた人天才。商品企画部まじ有能。

上から目線になってしまいましたが、消費者側からの見解です。

 

市販のチョコレートに芸術性を感じるのは紗々ぐらいではないでしょうか。

 

まぁ、それぐらい好きでリピートしてるわけです。

もし「紗々」自体まだ食べたこと無い人はぜひ食べてみてください。

 

人生180度変わります。

 

盛りました。6度ぐらいは変わります。

 

f:id:mayuchii:20181217130256j:plain

さて、チョコレートを見てみるとビター、いちご、ホワイトの順に多い割合になってますね。きっとこのバランスが重要なのでしょう。期待が高まります。

 

 

 

 

食べた感想

 

まずは、やはりこの食感がいい。 紗々はスーパーで200円ぐらいで売っているんですが、この食感のためならいくらでもお金を出せます。

 

今私はいくらでも出すと言いましたがやっぱり庶民なので「500円ぐらいまで」に訂正します。はい、言ったそばから訂正します。

 

この食感、唯一無二なチョコレートです。

 

風味はアポロチョコに似ている気がします。

3種類のチョコが混ざっておいしいです!

いちご部分はピンポイントで食べると甘酸っぱさを感じますが、全体を一口で食べると甘さいっぱいです。ビターチョコのビター感はあまり無いですね。

ホワイトチョコの味はほとんど無いのですが、丁度良い感じに甘さを感じるのはおそらくこのホワイトチョコレートの力でしょう。縁の下の力持ちてきな。

 

 

 

まとめ

 

うまい。紗々は唯一無二な存在。

おすすめ度☆100000

とにかくチョコ好きならおススメされる前にすでにもう食べているはずの代物。

開けた途端に無くなっている魔法のチョコレートをぜひ。