日本酒好きになりたい人!松竹梅白壁蔵「澪」は日本酒が苦手な私でも美味しく飲めた・・・!

f:id:mayuchii:20181011153342j:plain

 

私は日本酒が苦手でした。

ですが最近、日本酒って美味しいのかもしれない。と思えてきました。

日本酒が苦手な方、これから飲んでみようと思っている方、

参考になればと思います。

 

 

きっかけ

記事のトップにある画像は松竹梅白壁蔵の「澪」(みお)という、日本酒としては珍しく炭酸が入っているタイプの清酒です。

今までCMでも散々見ていたので商品自体は認識していたのですが「そんなかわいいパッケージには騙されないぞ。中身は普通のがっつり日本酒なのだろう。」とひそかに疑念を抱いておりました。笑

 

実は結構前の話ですが、居酒屋で一緒に飲んでいた方が「澪」を飲んでいたので一口頂いた事があるんです。その時の感想は

「んー、意外と飲みやすいかも?でももう結構酔っぱらってるし、よくわからないや。」

と、飲んだ記憶はあるんですが味はあまり思い出せず。笑

 

だいぶ月日が経った頃にコンビニで「澪」を見かけてその事を思い出したので「やっぱりボトルの見た目がおしゃれで可愛い・・・!日本酒苦手だけれど飲んでみようかな。もしかしたら味覚が成長しているかもしれないし。笑」と、勢いで購入。

 

日本酒のイメージ

 

日本酒といえば私の中ではおじさんの飲み物というイメージが強かったのです。渋い字体で渋いデザインの大きい瓶であったり、「とっくり+おちょこ=おじさん」というのが頭の中であったからです。

ですが、この「澪」についてはむしろ女性が飲んでいたほうが自然なパッケージですね!

せっかく炭酸が入っているので十分に冷やしてから飲むことにしました。わくわく。

 

飲んでみた

 

開けた瞬間はプシュっと音が鳴り、炭酸ジュースを開けるようないつもの感覚。

ボトルは爽やかなブルーですが中の日本酒自体は無色透明でした。

うーん、良い香り!!普通の日本酒の香りよりほのかに甘くふんわり香る感じ。

飲んでみると・・・びっくり新感覚!

甘い!お米の甘さとマスカットっぽい風味。

なるほど、フルーティーってこういうことを言うのか・・・。

よく日本酒で「フルーティーな味わい」という表現がされているのを見かけませんか?

今までピンときた事はありませんでした。「澪」を飲んで初めて納得、実感できました。なるほどこれかと。

そして炭酸のシュワシュワのおかげか口当たりがさっぱりしています。

んーーー。飲みやすい。

何口飲んでも一口目のようで、ゴクゴク飲めてしまいます笑

 

お手軽感が魅力

 

日本酒ってアルコール度数が約14~16%のものが多いですが、こちらの「澪」は5%とだいぶ低めです。これはアルコールが苦手な方、男女問わず挑戦できますね!

 

コンビニやスーパーで手軽に購入できるのはありがたいです。結構どこでも見かけます。

サイズは150ml、300ml、750mlと3つあるようですね。

私はまず300mlで試しました。炭酸が入っているので飲みきれるサイズを、と思ったので丁度良かったです。

 

これはハマりますわ

 

初めて日本酒がこんなに美味しいと思えました。むしろ今まで飲んだお酒の中で一番おいしいと思いました。これは確実にリピートしちゃいます。

この勢いで思わず普通の日本酒も挑戦してみたくなりました!日本酒初心者の方、日本酒を好きになりたい方、飲んでみる価値があると思います。

そして日本酒の魅力がわかったら一緒に叫びましょう(近所迷惑になる方は心の中で)・・・

「日本に生まれてよかったぁぁぁぁぁぁ!」

 

 次はまた甘めの物を選んでみようかな。もし甘口の物でおすすめがありましたらぜひ教えて頂ければ嬉しいです。