ディオールショウ モノ 045FUTURISMを使った感想・レビュー【アイシャドウ】

ディオールの単色アイシャドウ

「ディオールショウ モノ 045番FUTURIZM(フューチャリズム)

を使った感想・レビューです。

 

 

f:id:mayuchii:20181119170345j:plain

f:id:mayuchii:20181119170358j:plain

購入から結構経っており、使用感が凄いですね。笑

ずっと愛用している品です。

 

さっそくレビューしていきます!

 

 

 付属品

 

開けると鏡、チップ兼ブラシが付いております。

チップだとピンポイントに多めに塗る事ができます。

発色を求める方はチップで塗るのがおすすめです。

後で詳しくお伝えしますが、ブラシは残念でした。

 

暗い所での見え方

 f:id:mayuchii:20181119170637j:plain

暗めの場所というかラメが反射しない角度で見た時はこんな感じで見えます。

粉の色自体はグレーっぽい茶色のような色で使いやすいです。

分かりやすいようにチップで多めに塗ってます(5度塗りぐらい)。なので一回ではここまで発色しません。ほとんど色は出さずラメ感だけ出すことも可能です。

 

明るい所での見え方

 

f:id:mayuchii:20181119170933j:plain

明るい場所でみるとこんな感じです。ラメはパープル系の色が多めに含まれているように見えます。これも先ほどと同じ条件で塗って、角度だけ変えて撮ったものです。

だいぶ多めに塗ってしまったのでラメがギラギラしすぎてしまいましたね。

塗りすぎるとラメの色も訳が分からなくなります。

本当はもっと上品に見えます。笑

明るい場所と暗い場所(というよりラメが反射している時としていない時)での見え方が結構違っておもしろいです。

 

 

残念ポイント

f:id:mayuchii:20181108170517j:plain

 

ブラシは正直あんまり・・・ツカエナイ。笑

というのもブラシでとれる量がすこぶる少ない。

とろうとしたらケース内にサッとラメが広がる。

とって塗ってとって塗ってを何回繰り返せばいいんだ。と思った。

 

しかもこのブラシ・・・塗るときに結構粉飛びするんですよね。

もうこれで塗るのは辞めました。

チップで塗って、それをぼかすためにブラシを使うのは有りだと思います。

ただこの方法も多少粉飛びします。笑

もしかしたら他に使い方があるのではないだろうか・・・。

私の使い方が間違っているのではないか・・・。

そう疑わざるを得ないぐらい使えないですね。

指で塗る分には粉飛びは無いのでまぁいんですが。

 

 

価値あるポイント

f:id:mayuchii:20181119171148j:plain 

このアイシャドウの注目ポイントはやはりこのラメの色です。

単色のアイシャドウなんですが、角度によってラメの色の見え方が変わります。

ピンク、ブルー、グリーン、パープル・・・等いろいろ。前から見られても、横から見られても綺麗です。

瞬きするたび、振り返るたびになんか綺麗です。

大人の女性って感じのアイシャドウです。笑

画像はあえてピンボケのものを載せています。

この方がラメの色が見やすかったからです。そのためラメがだいぶ大きく見えますが実際はとっても細かいです。

 

 

 

 

おすすめの塗り方

ちなみに私は発色より、この七色のラメ感を強く出したいのでいつも指で塗っています。

色が出ない程度に薄めに塗れば綺麗な濡れまぶたが作れるのでおすすめですね。

飲み会の時とかは、いつもより塗る範囲を広げて二重幅だけ濃いめに塗ると目元がくっきり華やかになります。