シリコンは悪い成分?シャンプーでベタベタになる?髪への影響と正しい認識について

 

f:id:mayuchii:20181107233113j:plain

結構前からノンシリコンの製品が流行っていますね。 
 シリコンは悪者ではありません。取り入れ方と正しい認識についてご説明致します。

 

シリコンのイメージ

 突然ですがあなたはシリコンにどんなイメージをお持ちでしょうか。

毛穴を塞ぐ悪い奴!シリコン入りのシャンプーは使っていくうちに髪がボロボロになっていくし髪に悪いとなんとなく思っている方も多いのではないでしょうか。

それであればなぜ、化粧品業界はこの成分を配合している商品を製造、販売するのでしょうか?会社の利益のため? シリコンなんて悪者なんてとっくに破滅するべきなのでは??

年々ノンシリコンの商品が目立つようになっています。 わざわざ「シリコン配合!」とアピールしている商品は見ないですよね。 これはノンシリコン商品が正義だと言わんばかりの企業の宣伝の仕方のせいだと私は思います。というか消費者がノンシリコンを好む傾向になったからですね。流行りでしょうか。

シリコン入りは使わない、なるべく避けている。という方、なぜですか?何かきっかけがありましたか? シリコンを使うべきだとか、ノンシリコン商品を否定をする訳では全くありません。

ただ、なんとなく髪や肌に悪そうだから。と言う方がけっこう多く見られます。

ちなみにシリコンが毛穴を塞ぐことはありませんのでご安心下さい。

 

シリコンのメリット

 ここでまずはシリコンのメリットをお伝えします。

手触り・見た目が良くなる。これにつきます。

シリコンは髪や肌をコーティングし、質感を良くしてくれる成分です。

髪にまとまりがほしい(わたしです。)ツヤを出したい(わたしですね。)、ボリュームを抑えたい(あらどれもこれもわたし。なんという神さまのいたずらでしょう。)という方であればこのようにメリットもあるので程よくシリコンに頼ってしまうのも1つの手ですよ。

ただし欲張って頼りすぎる前にきちんとデメリットも確認してくださいね!

 

シリコンのデメリット

f:id:mayuchii:20181108170517j:plain

 今度はデメリットです。

シリコンは髪のまとまりを良くしたり、ボリュームを抑える効果があります。そのため、髪の薄さが気になる方、ぺちゃんこになってしまう方は、ノンシリコンを選んだ方がボリュームアップしてフワフワになるので良いと思います。

あと、市販のシャンプーでシリコンが大量に入っているものがありますが、使いすぎると髪がベタベタになったり、カラーやパーマが入りにくくなります。

 

ちなみにベタベタするのは私も経験済みです。ある日から後頭部だけベタつくようになり、何回シャンプーしても全然改善しなくて困った過去があります。シャンプー直後なのにベタつくんですよあれ。ちゃんと洗ってるのに不潔な感じ・・・。もし現在進行形で髪がベタつく方、皮脂のせいだと思って一生懸命シャンプーしているのに直後からベタつく方!シャンプー変えたら徐々に戻りました。

 

シャンプーに「~メチコン」という成分が入っていたら、これがシリコンです。成分は入っている割合が大きい順に表記されています。「~メチコン」が前に書いてあるか、後ろに書いてあるかで多いか少ないかを見分ける事ができます。不必要に多いのは避けた方がいいでしょう。 

 

シリコンが必要ない人

 何もしなくても髪にまとまりがあって真っ直ぐでツヤがあるという方(うらやましい!)、肌もツルツルで化粧なんて必要無いという方(うらやましい!!)、もしくは特に自分の容姿に興味が無い方・・・はそもそもこのページを見ないかと思いますが。 上記の方はシリコンは必要無いと思います。

ちなみにシリコンが必要な方がノンシリコンシャンプーを使うと徐々に髪がゴワゴワになってきます。そして艶が無くなり髪が爆発します。これも私の実体験です。

今はほどほどにシリコンのお力を借りているためツヤツヤキープできております。ノンシリコン使ったら現実見えちゃってショックでした。笑  

使いすぎて失敗し、使わなさ過ぎても失敗した私です。座右の銘は「過ぎたるは及ばざるが如し。」何事もほどほどに。笑

 

結論

f:id:mayuchii:20181108145158j:plain

 シリコンは上手に取り入れれば悪さはしません。シリコン入りは絶対使わないなんて極端になる必要は無いのです。逆にシリコンに頼り過ぎるのも良くありませんが、必要な人は必要な量をほどほどに。必要ない人は使わなくてもいい。そのぐらいの認識で大丈夫です。