【意識を高める時間だよ】「若者の魚離れ」が加速してるって話

f:id:mayuchii:20181023165136j:plain

「若者の○○離れ」という言葉をわりと耳にする。

若者の「車離れ」、「テレビ離れ」、「活字離れ」等、今の若者はたくさんの物から離れていっているかのように言われている。

この「○○離れ」という言葉は何も最近出来た言葉ではなく45年以上も前からあるようだ。

 

今回はその中の「魚離れ」について少しだけ考えみる。あなたもこの機会に、ちょっと関心を持つだけでも。ね?(巻き込む)

 「若者の魚離れ」

 

「魚離れ」という言葉は肉食の普及によって1980年代初めから使われるようになったそうだ。

私は現在25歳。魚が好きだと思えたのは社会人になってから。(お寿司は元々大好物だったが焼き魚はわりと最近である。これは味覚が大人になったのか?さすがアラサー!私だって無駄に年取ったわけじゃなかったんだ!) 

 

魚離れか。そもそも焼き魚って家で下準備~後片付けまでするのがなかなかめんどくさい。

実家に住んでいる時(0~24歳まで)は食卓に出てくる事がほとんど無かったため焼き魚を食べる習慣が無かったのだが、以前の職場の社食でたまに焼き魚が出てくる事があった。

最初でてきた時は、恥ずかしながらまずどこが食べられるのか、どう食べるのか(身が上手くとれなくて骨が口の中に入ってくる。)わからず困った。「まったく今どきの若者は~」って聞こえてきそうな感じ。笑 それぐらい魚を食べてこなかった。

 

ちなみに自立して自炊するようになってからも魚を焼いて食べたのは一度だけだ。(ついこの間、なぜか猛烈に食べたくなり、今が旬の秋刀魚を食べた。焼き魚は手間が掛かるが、私は無職なので時間が有り余っているのだ。) 

 

魚離れの理由「そもそも魚がご家庭の食卓に並ばない説」

 

共働きが増えている中、料理に時間を掛けられない家庭が多くなっているのも関係あるのではないか。仕事から帰ってきて疲れている中で、料理より優先したいことはたくさんある。(はい、私のただの言い訳です。)

調理が簡単で価格もお手頃な肉料理を選択しがちです。笑

「魚離れ」は魚が嫌いな人が増えたわけではなく、「高いんじゃーー!面倒なんじゃーーー!」という声が大きいと思う。今の時代安くて簡単に食べられるものが多いですよね。(最近のコンビニ弁当とかは本当に美味。)

 

「対策はこれだ!」

 

魚への関心が薄い今日、漁業界はもっと深刻化していくでしょう。

食い止めるために「おさかな天国2」とか出しましょう。

実際あの曲ってスーパーでも流れて経済効果あったみたいですね?

ぜひ今のお子様世代にも聞かせて頂きたいです。

ふざけてないです。マーケティングとか無縁だったんですすみません。以上です。